ミノル・ホッタ 市松模様

2015年10月21日 

 

”ほんとうに手造りであるということ”

 

Minoru Hottaの作品はすべて「切嵌象嵌(きりばめぞうがん)

接ぎ合わせ(はぎあわせ)」という金属工芸の伝統的な技法を

用いて製作しています。

108~360個ある1㎜程のゴールド・シルバーの立方体、直方体

をひとつひとつ丹念に削り込み、それら全てを接合してひとつの指輪

に仕上げます。

一点一点全工程を手作業で仕上げるMinoru Hottaのリングは

お二人のためだけに造られる美術品であると言えます。

 

 

ミノル ホッタ、オーダーメイド、ミノルホッタ

 

 

 

 

minoru hotta,ミノル ホッタ、オーダーメイド、結婚指輪、富山

ARCHIVES

NEW ENTRY

© 2018 Jewelry Boutique AOBA